So-net無料ブログ作成
  • ブログをはじめる
  • ログイン

2018年6月の読書 [読書]

今月は、まだ1冊(8日現在)。




1 「熱海の奇跡」(市来 広一郎) ★★★★★
  これはお薦めです。是非、読んでください。「衰退した観光地」の代名詞になっていた熱海はなぜ再生できたのか、と帯に大きく書いてありますが、その下に小さく書いてある”人口減少時代の魅力ある地域づくりのあり方”の方が正確な読み方かなと思います。
  市来さんのことを知ったのは2009年。オンたまをやっている若者がいると。でも会ったのは2010年、私が商業まちづくりを担当するようになってからだと思う。あたみシール会館2階でのワークショップに参加させてもらって、清水義次さんともお会いし、「熱海を歩くときは挨拶しながら」というようなことを発表した気もするw。
  この本には、市来さんの熱海での活動の歩みが書かれています。それも困難な歩みが。私は熱海には時々出かけて行くだけだったけど、ああ、そうだっけなぁ、そんな顔してたときもあったなとか思いながら読みました。私は、市来さんのプロセスがすごくよかったんだと思っています。リノベーションまちづくりを成功させるには下地が必要だと。そして、たった一人から街は変わるんです。
  Amazonで購入。


2018-06-09 02:04  nice!(1)  コメント(0) 
共通テーマ:

nice! 1

コメント 0

コメントを書く

お名前:
URL:
コメント:
画像認証: 下の画像に表示されている文字を入力してください。

 

このブログの更新情報が届きます

すでにブログをお持ちの方は[こちら]


この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。